しいたげられたしいたけ

空気を読まない 他人に空気を読むことを要求しない

真夏の神社参拝

度外れに暑い夏の昼下がり、時間を見つけて市内のありふれた神社二柱ほどにお参りした。
いずれも拙宅からちょっと距離があったので、エンジンと車輪のついた道具を使った。

 

一社目。西川神明社というところ。なぜか鳥居のしめ縄が緩んで垂れ下がっていたが、直しようがなかったので鳥居を迂回して境内に入った、といつものいらんこと言い。

f:id:watto:20200811153748j:plain

 

本社拝殿。近いのに思ったほど足を運ぶことがなかった無沙汰を詫びつつご挨拶。

f:id:watto:20200811153842j:plain

 

右隣、摂社末社の秋葉神社。

f:id:watto:20200811154108j:plain

 

二社め。間米八幡社。藤田医科大学のキャンパスを背に宮の杜がひろがる

f:id:watto:20200811154723j:plain

f:id:watto:20200811154904j:plain

 

本社。お参りほど楽なことは、そうない。百回お参りしようという気をおこさなければ。

f:id:watto:20200811155016j:plain

 

摂社末社の全部にお参りしようという気をおこさなければ。

f:id:watto:20200811155132j:plain

スポンサーリンク