しいたげられたしいたけ

選択的夫婦別姓の早期実現を求める

夏の終わりの神社参拝

ありふれた市内の神社の、何社かをお参りしてきた。何かわざと手間のかかることをしようと思わなければ、お参りほど楽なことはない。ご挨拶ということで、もうちょっと足しげく行ってもいいくらいだ。

10日ほど前に似たタイトルのエントリーを上げたが、今回のタイトルには「酷暑、いい加減に終われ!」という願望を込めている。実際、今日は日中でも少しは耐えられるくらいだったような。何日か前までは「こんなところにいたら死ぬ」感あったが。

暑さの戻る日はあるだろうけど。

www.watto.nagoya

 

前後神明社というところの本社拝殿。

f:id:watto:20200822145210j:plain

 

末社。

f:id:watto:20200822145341j:plain

 

ちょっと離れたところにある戦人塚という史跡。今回はエンジンと車輪のついた道具を使って移動した。

f:id:watto:20200822145935j:plain

 

去年の正月に来たとき には、なぜか塚の周囲の樹木がばっさりと伐採されていて「何事?」と驚いたのだった。少しずつ緑が復活しつつあった。

f:id:watto:20200822145957j:plain

 

山の神神社。ここは 半月ほど前 にもお参りに来た。

f:id:watto:20200822151024j:plain

 

大脇神明社。

f:id:watto:20200822151907j:plain

 

摂社末社。

f:id:watto:20200822151852j:plain

 

稲荷社。大脇神明社の敷地内にあるから摂社末社の一柱だろうけど、他の摂社末社とは離れたところにある。

f:id:watto:20200822151522j:plain

 

石仏と、背景のたぶん使われなくなったポンプハウス。

f:id:watto:20200822152208j:plain

 

こんなことを書くべきか少し迷ったが、書くことにする。

誰かが、別の誰かの中で生きていることが、あるのだ。

そりゃ知ってはいたけど、あんなに鮮やかに!

ただそれを当事者に伝えても、決して救いにはならないことが、とてもつらい。

スポンサーリンク