しいたげられたしいたけ

空気を読まない 他人に空気を読むことを要求しない

もう一日、休み

明日が郵便局バイトの最終日で、明後日が仕事始め。
昨日予約を取った精神科へ行く。元日のブログに書いたようなことを、お医者さんに話す。前回と同じ薬を処方してくれた。
あと、自立支援医療受給者証の有効期限が近づいておりその更新に医師の診断書が必要だという通知が役所から届いていたので、診断書の作成も依頼する。
実は今回の鬱は元日あたりが底で、何もしなくても回復基調にあるような感じだったのだが、何もしないままというのは不安だったし、自立支援医療受給者証を失効させてしまうのも余計に不安だったので、今回の通院はいいタイミングだったのかも知れない。帳簿の整理ついでに去年の医療費を計算してみたら、国保があるとは言えかなりの額になっていた。精神科の分だけでも窓口負担がゼロになるのは大きい。

その後、源泉業務。「平成21年分 給与所得の源泉徴収表等の法定調書合計票」を税務署に…
f:id:watto:20200401114658j:plain
「給与支払報告書(総括表)」と「給与支払報告書(個人別明細書)」を税務署からほど近い区役所に持っていく。
f:id:watto:20200401114649j:plain
去年までは同業者さんにバイトでお手伝いをお願いしていたが、今の状況だと今年はお願いする仕事がなくなりそうだ(泣

税務署に足を運んだついでに、もし支払う賃金がゼロになったら書類はどう書けばいいのかを尋ねてみた。
「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」は支給額・税額・合計欄にゼロと書いて税務署に提出、「給与所得の源泉徴収表等の法定調書合計票」は「適用」欄に「該当なし」と書いて税務署に提出、「給与支払報告書(総括表)」と「給与支払報告書(個人別明細書)」は提出の必要なしとのこと。
もしずっとアルバイトの雇用を停止するのであれば、そのための書類を書かなければならないそうだ。もう少し様子を見てからどうするか決断しよう。

書類提出後は、例年のごとく熱田神宮に参拝に行った。ブログを検索すると去年は1月9日、おととしは1月7日だったから少し早い。5日とは言えまだ初詣客が多く、参道はぎっしりと人で埋まっていた。まあ行列が立ち止まることはなかったから、スムーズに参拝はできたのだが。あとで調べたら5日は「初えびす」と言って何か行事があったらしい。だから人が多かったのかな?またそのせいか、縁起物の福熊手を担いでいる人が目につく。大人の背丈ほどもありそうな大きな熊手である。あんなものを買っても、うちには置く場所がない。もともと縁起物は処分に困るから好きじゃないのだが。たまたま近寄ると三万円とか五万円とかの値札がついているのが見える。余計にうちじゃ買えないな(^▽^;
スポンサーリンク