しいたげられたしいたけ

災害時のデマ、絶対ダメ!

お手軽奈良観光・元興寺と奈良国立博物館(前編:元興寺)

前回の拙記事へのリプやブコメで、JR奈良線の部分複線化が進んでいることへの驚きのコメントをいくつかいただきました。

地元在住の人には「何を今さら」でしょうが、私自身かつて関西在住で関西の地を離れて久しい身なので、何十年か前の当時は近鉄に一方的にボコられる存在だった奈良線の健闘が、意外なようなちょっと嬉しいような不思議な感情を覚えました。

ちょっと面白いページを見つけたので貼ってみます。JR西日本公式HPの1ページですが…

www.westjr.co.jp

複線区間の絵地図や、多数の工事進捗状況の写真が載っていて、わかりやすく興味深かった。

担当者の顔写真はいらんやろ。いつのプライバシー感覚しとるんだ?

それと、更新日付をどこかに明示してほしかった。写真の日付のうち最も新しいものが2018年12月なので、そんなに古いものではないと思うのだが。

 

うちの近所にもJR関西本線とか名鉄尾西線とか、部分複線の路線がいくつかある。面白いことに部分複線区間はごく短くても、全線単線に比べて便数は一気に増やせるようなのだ。なんでそういうことができるのか、自分でダイヤ引いてしまうほどのディープなマニアではないから説明できないのだけど。

新幹線も、効用逓減がはなはだしい整備区間は、部分複線で作ってしまえばいいんじゃないかね?…と冗談で考えたが、確認のため検索したら秋田新幹線とかは現にそうなっているのか。

 

ともあれ、京都駅経由で奈良までこんなに手軽に行けるのは、新幹線の恩恵である。かつて割高な新幹線を使うまいと、近鉄特急を使ったり今はなきJR関西本線急行「かすが」を使ったりしたことがあるが、どうしても遠回りになる印象を受けた。割高と言っても倍はかからないのだから…やっぱり高いわ!

 

前回のエントリー に貼った市内循環バスの内部から。

f:id:watto:20190602105544j:plain

画像を圧縮するとさすがに読めなくなるが、LEDディスプレイに…

(1) JR奈良駅
(3) 近鉄奈良駅
(4) 県庁前
(5) 県庁東
(7) 東大寺大仏殿・国立博物館
(8) 春日大社表参道
(9) 破石町
(10) 高畑町
(13) 田中町
(14) 北京終町
(15) 綿町

と表示されていた。観光スポットがコンパクトに網羅できるのが、京都と少し違う奈良のいいところのように感じる。いらんことだが「北京終町」はなぜか「きたきょうばてちょう」と正しく読めた。「ぺきんおわりまち」ではない。

 

私が乗ったのは「内回り」だそうで、(1)→…→(15)→(14)→(13)→… と巡回するバスだった。どちらでも大した差はない。貰った観光マップを頼りに「田中町」というところで降りた。

 

このあたりは「奈良町〔ならまち〕」と言うそうで、奈良の古い町屋が保存されている区域だそうだ。

バス停のすぐそばに「ならまち格子の家」というのがあった。

f:id:watto:20190602112134j:plain

f:id:watto:20190602110810j:plain

弊ブログ勝手に恒例の文字起こし。改行位置、変更しています。ルビ省略しています。

元興寺町
 もと元興寺の南大門や花園院のあったところといわれている。
 現在民家が建っているので見えないが、この町を東西に小川が流れている。元興寺はもと寺名を飛鳥寺と呼ばれ、同寺のあるところを飛鳥と称したところから、この小川も飛鳥川といい、川の上流にある小学校を飛鳥小学校とよぶようになった。
 奈良町座

入場無料とのことだったので、入ってみた。内部の撮影は遠慮した。

門口が狭く、中は母屋と離れがあり、中庭で区切られている。母屋には畳敷きの和室が二間、離れには一間あって、パネル表示が展示されていた。離れの奥には裏庭と土蔵があった。母屋と離れの通し土間というのもあった。とても懐かしい感じがして、よかった。

京都の町屋は「ウナギの寝床」と言われるが、元祖は奈良だったのだろうか。

 

このあたりは昔ながらの趣のある商店が営業している。砂糖屋かな?

f:id:watto:20190602112245j:plain

いたずら小僧が舐めないように主人が「これは猛毒だ」とウソをついて、小僧はそんなことは先刻ご承知で、主人の大事にしている硯をわざと割って…という砂糖を売ったのは、きっとこんな店に違いない。

 

酒屋。下戸なので酒の銘柄にはうといが、好きな人はひやかすだけでもたまらないかも知れない。

f:id:watto:20190602112333j:plain

つかこうした古い個人商店が、観光地以外ではものすごい勢いで閉店しているのは、文化的損失であり憂うべきかも知れないと、ちょっと思った。

だからって、何ができるわけでもないが。

 

元興寺に向かう経路に、「史跡 元興寺塔址」というのがあったので、入ってみた。

ここから元興寺境内には入れなかった。

f:id:watto:20190602112655j:plain

f:id:watto:20190602112704j:plain

元興寺と奈良町
 この付近は、奈良時代(八世紀)の元興寺の金堂や塔、南大門など主要な伽藍があった地域と推定されています。中世以降、奈良の町の発展にともない寺地の大半は宅地化しました。
 芝新屋町の元興寺は、現在は華厳宗の寺院で、境内には奈良時代の元興寺の塔跡があり、多くの文化財が伝えられています。
元興寺塔跡史跡
 昭和七年四月二十五日指定
元興寺塔址土壇出土品
 玉類銅銭其他一切 重要文化財 
 奈良時代 昭和八年一月二十三日指定
木造薬師如来立像国宝
 平安時代 昭和二十七年十一月二十二日指定
木造十一面観音立像重要文化財
 鎌倉時代 明治三十三年四月七日指定
木造不動明王坐像奈良市指定文化財
 江戸時代 平成元年三月七日指定
    奈良市教育委員会

 

塔址は上の門を直進したところにあった。

f:id:watto:20190602113245j:plain

f:id:watto:20190602113255j:plain

元興寺塔跡 史跡
 昭和七年四月二十五日指定
元興寺塔址土壇出土品
 玉類銅銭他其他一切
  重要文化財 奈良時代
 昭和八年一月二十三日指定
 奈良時代(八世紀)元興寺の東塔跡です。高さ推定約五十メートル(古記では二十四丈)の五重塔でしたが、一八五九(安政六)年に焼失しました。
 一九二七(昭和二)年の発掘調査で、金延板、金塊、勾玉、瑠璃玉、水晶玉、和同開珎、万年通宝、神功開宝などが出土しており、建立時に納められた鎮壇具と考えられます。
    奈良市教育委員会

f:id:watto:20190602113201j:plain

 

敷地は塔址前で鍵の手に左に折れ、奥には堂や古い灯篭など、いろんなものがあった。

これは稲荷社と仏足跡かな? 神仏習合しとるなぁ。

f:id:watto:20190602113112j:plain

 

スポンサーリンク

おじいわんソーヤ

おじいわんソーヤ

 

 

他にもうろうろしたけど、キリがないので前半の主目的地の元興寺。前回のエントリーには東門前の写真を貼ったが、経路的に北門から入ることになった。

f:id:watto:20190602113844j:plain

 

Googleマップを貼ってみよう。塔址や、拡大地図には格子の家が表示されたりする。

 

境内に入るには、東門まで移動しなければならなかったんだけど。

f:id:watto:20190602113934j:plain

f:id:watto:20190602113947j:plain

f:id:watto:20190602114032j:plain

 

受付。有名観光スポットの一つだけあって、がぜん観光客数が増える印象。

f:id:watto:20190602114114j:plain

 

本堂。法被姿の団体さんがいて、観光なのか参詣なのかどっちだろうと思ったけど、区別する必要はないか。

f:id:watto:20190602114044j:plain

f:id:watto:20190602114310j:plain

国宝 極楽坊本堂
(極楽堂または曼荼羅堂)
 この堂は元興寺東室南階大坊(僧坊)の一部であり、本邦浄土六祖の第一祖である智光法師が感得した浄土曼荼羅を本尊とし寄棟造に大改築された極楽坊本堂である。極楽堂、曼荼羅堂とも呼ばれ、智光の住房が前身という。古来浄土発祥の聖堂として名高く、内部柱に念仏講の寄進文がある。堂の外観は寛元二年(一二四四)改修時の姿であるが、内陣に奈良時代僧房の身舎部を残し、西流れの屋根に見る行基葺古瓦は当寺の前身飛鳥寺から移建の際に運ばれたものである。

内部の撮影は禁止なので写真はありません。

 

本堂の左側にあった総合収蔵庫。

f:id:watto:20190602115003j:plain

 

上の写真の左手前に写っている講堂跡礎石。

f:id:watto:20190602115031j:plain 

f:id:watto:20190602115024j:plain

元興寺講堂跡礎石
            (奈良時代)
 境内西側の中新屋町で平成十年に発掘されたもので、本来の位置は保っていなかったが出土場所や礎石の規模などから、元興寺講堂に使用されたものと考えられる。
 礎石は長さ一・五から一・一メートル、幅一・二から一・六メートル、厚さ〇・七から一・二メートル九〇センチの柱座が造り出されている。礎石の石材は三笠安山岩で、通称カナンボ石と呼ばれる硬質の自然石を利用している。
 創建当初の講堂は、間口十一間で丈六薬師如来坐像を本尊とし、脇侍二躰、等身十二神将が安置されていたと伝えられている。元興寺の主要伽藍は境内にのこる僧坊(禅室)を除いてすべて失われたが、礎石から創建当時の元興寺を偲ぶことができる。

 

総合収蔵庫入口。

f:id:watto:20190602115045j:plain

f:id:watto:20190602115051j:plain

元興寺総合収蔵庫

   第一収蔵庫
国宝 五重小塔(建造物)  奈良時代
重文 智光曼荼羅(板絵)  平安時代
重文 阿弥陀如来坐像    平安時代
重文 聖徳太子立像(孝養像)鎌倉時代
重文 弘法大師坐像     鎌倉時代

   第二収蔵庫
重要有形民俗文化財
 元興寺庶民信仰資料 鎌倉・室町時代
(千体佛、板絵、印佛、こけら経、蔵骨器
 納骨塔婆、物忌札等 六五、三九五点)

 

内部の撮影が禁止なので、収蔵されている宝物のうち国宝五重小塔の写真を、藤森照信 前橋重二『五重塔入門』(新潮社) P40 から一枚だけ引用。小さくても国宝に指定された理由は、いろいろあるようだ。

f:id:watto:20190603192328j:plain

五重塔入門 (とんぼの本)

五重塔入門 (とんぼの本)

 

 

総合収蔵庫を出たところから見た、本堂と本堂背後の禅室。

f:id:watto:20190602121935j:plain

 

境内を、本堂と禅室の周りを時計回りに歩いた。

f:id:watto:20190602115113j:plain

f:id:watto:20190602115105j:plain

浮図田(ふとでん)(昭和六年修景整備)
 二千五百余基の石塔、石仏類(総称して浮図)は、寺内及び周辺地域から集まったもので、新たに田の稲の如く整備した。
板碑五輪塔を中心とした供養塔、阿弥陀仏地蔵尊等の石仏類からなり、鎌倉時代末期から江戸時代中期のものが多い。
中世期に当寺や興福寺大乗院関係の人々、近在の人達が浄土往生を願って、極楽坊周辺に減罪積徳作善のため造立した供養仏塔である。
毎年八月二十三、二十四日の地蔵会の際に過去聖霊の追善を祈り、結縁者の家内安全を願って万灯供養が行われ、古式の地蔵会として南都の風物詩となっている。

 

仏足跡。

f:id:watto:20190602115121j:plain

f:id:watto:20190602115128j:plain

 佛足石
佛足石は、釈尊の足跡で佛陀を顕す古い信仰形態を示しています。
二千年程前のスリランカで創られた図を基に復元した今の生身佛として、日本・スリランカ友好親善の記念の2012年10月8日に造立されました。

 

禅室左側の、石仏の群れ。

f:id:watto:20190602122113j:plain

 

5枚上の写真、総合収蔵庫の奥つか右側に少し写っている、小子房という建物。

f:id:watto:20190602122139j:plain

f:id:watto:20190602122151j:plain

県指定 小子房
(極楽院旧庫裏)
 奈良時代の東室南階大坊には北側に梁間の狭い小子坊が附属していた。僧房が中世書院化すると、寛文三年(一六六三)現在の形に改修され台所と呼ばれ、極楽院庫裏として機能した。昭和四十年に境内整内整備にともなって現在地に移築されたが、今なお古材を伝えている。西側に附属する茶室(泰楽軒)は平成六年大和の名匠川崎幽玄(修)の指物技術の粋を集めた作品として増築された。

 内部は観光客用の休憩所として開放されていたが、照明がなく薄暗かったためか、休憩している人はいなかった。

 

境内の裏手をぐるりと回って、禅室と本堂の右側に出た。

f:id:watto:20190602122444j:plain

f:id:watto:20190602122417j:plain

国宝 極楽坊禅室
(僧坊)
 この堂は元興寺東室南階大坊の四房分が残った僧坊で、禅室とも呼ばれ、念仏道場として著名であった。鎌倉時代に改築され大仏様式の手法を軒廻りによく残している。主要な構造部材及び礎石は奈良時代の創建当初のものが残り今も用いられている。
奈良時代の官大寺僧坊遺構を伝え、内部の間取りに奈良―鎌倉時代僧坊のおもかげをよく残す貴重なものである。本堂と同様に南流れの屋根の一部に行基葺古瓦が残る。古瓦には最古の丸瓦、平瓦を含め飛鳥時代から奈良時代のものも伝世している。

 

通路右側の茂みの中にあった「かえる石」。

f:id:watto:20190602122536j:plain

f:id:watto:20190602122526j:plain

かえる石(大阪城の蛙石)
 江戸時代の奇石を集めた「雲根志」に載せられている大坂城の蛭石である。河内の川べりにあった殺生石だった様だが、後に太問秀吉が気に入って大坂城に運び込まれたという。淀君の霊がこもっているとも云い、近代には乾櫓から堀をはさんだ対岸隅にあった。大坂城にあった頃は堀に身を投げた人も必らずこの石の下に帰ると言われた。ご縁があって、この寺に移され、極楽堂に向かって安置くされた。
 福かえる、無事かえるの名石として、毎年七月七日に供養される。

f:id:watto:20190602122544j:plain

 

東門へと出た。前回の写真を再掲。

f:id:watto:20190602122810j:plain

 

案内板は前回貼ってなかったので。 

f:id:watto:20190602122820j:plain

 重文 東門
 この門は鎌倉時代の建物として、雄大な気風と、すぐれた意匠を持つ四脚門である。もと東大寺西南院にあった門を、元興寺の極楽坊正門として応永十八年(一四一一)|
この場所に移築されたものである。東門の設置により極楽坊本堂を中心とする一画が元興寺旧伽藍から独立した中世寺院として再生したことをしめしている。

ということで、次なる目的地である奈良国立博物館に向かった。

この項つづく。

スポンサーリンク