💙💛しいたげられたしいたけ

нет войне! NO WAR! 戦争反対!

ニコリ『超激辛数独2』89(Level10+)残り3問にしてついに解答を見た(泣

自己満足的数独(ナンプレ)のプレイ記録である。前回はこちら。

www.watto.nagoya

 

今回取り上げるのはP96 89、ブログタイトルに掲げた通りタネ本『超激辛数独2』全91問中この問題含めて残り3問となって、ついに解けずにSolutoinを参照してしまった(泣

参照し検討した結論を先に書くと、最後の最後、多重選択の連鎖的解消を導く過程で私がミスをしたとしか考えられない。数独を解くにあたっての最大の敵は、常に自分自身のミスなのであるが(泣

 

まずは、いつも通り初期値を背景色黄色で示す。作者 アラームじ さん、難易度Level10+。

順不同だが3、6、7、8、2については、それぞれ(行・列方向とも)3連井桁が発覚し候補の削減ができた。なんで2を後回しにしたかというと、3の候補を埋めようとしたとき似たパターンの3連井桁が複数存在することに気づいた。

 

残りの4、5、9、1すなわち全ての数字に関して、空白マスに候補の数字を埋め尽くしたのが次図。1を後回しにしたのは、初期値に1が存在しなかったからである。

同一3×3ブロック中で2択になる数字は、フォントの色を赤にしている。同一3×3ブロック中で2国同盟を構成するマスは、フォントサイズを大きくしている。

 

この状態からIa・Iiの1・9 2国同盟はすぐに見つかった。最難関のLevel10+において2国同盟は初等解法の範疇であることは、たびたび繰り返している通り。

 

Ihに確定した8を手掛かりに、確定できるマスを確定したのが次図。ただし最終形までは導けなかった。

ローカル呼称「候補メモ最後まで残す法」により、確定したマスの候補および確定した数字が除外した候補は、フォント色を目立たない色に変えて残している。

 

この状態で4の井桁チェックを行った。

(BDG・cfh)行方向3連井桁((ACEFH・abdgi)列方向5連井桁)が見つかり、いくつかのマスから候補が削減できた。
だが最終形を導くには至らなかった。

 

続いて1についての井桁チェックを行った。初期値に存在しない数字だったので、いちばん後回しにした。

(BDG・cfh)行方向3連井桁が見つかった。列方向に関しては、(ACFHI・abdgi)列方向5連井桁とEe 1×1仮想井桁(=他の井桁たちの干渉を受けない単独マス)と見ることも、(ACEFHI・abdegi)列方向6連井桁と見てe列の一気通貫によりEeに1が確定すると見ることもできる。どっちでもEeに1が確定するという結果は一緒である。

 

つまづいたのはここからで、最終形を導こうとして何度か行・列・3×3ブロックに同一の数字が表れるという矛盾が発覚した。

候補の数字を埋める段階でミスをしたのかと思って、やはり何度かチェックを繰り返したが、どこでミスをしたか見つけることができなかった。

矛盾が発覚した状態のExcelシートを何枚か残している。最初スクリーンショットを貼ろうかと思ったが、他人に見せる意味がないと思い直してやめることにした。

 

ついにSolutions P124を参照した。

検討の結果、2枚上の図すなわちEeに1が確定した状態から、この最終形がちゃんと導けることがわかった。

多重選択を解消する段階で、どこかミスを繰り返したとしか考えられない。どこでミスをしたかは、特定できなかった。

せっかく「候補の数字最後まで残す法」を採用しているのだから、多重選択の解消の段階でいきなりマスを埋めるのではなく候補の数字を丁寧に消す(フォント色を目立たない色に変える)ということをやっていれば、このようなミスは防げたかも知れない。反省材料にしなければ。

 

同ページのヒントとの照合も、一応やっておこう。

BDG列(ahi…3井桁、aei…6・7予約)
Ib・Id・Ig…3・6・7予約
Da・De・Di…3・6・7予約

1行目は、今回私が最初に行った井桁チェックすなわち2枚目、3枚目、4枚目のスクショに対応していると思われる。

2行目は、9枚目(下から4枚目)のスクショに対応していると思われる。

3行目は、よくわからない。

弊ブログはアフィリエイト広告を利用しています