しいたげられたしいたけ

道を間違えているのが明白なのに、「きっと他の道はもっと間違っている」と進み続けたら、どうなる?

中区丸の内の官庁街に車で行ったら駐車場代や高速代が割高だった&ついでの愛知縣護國神社参拝

日記です。所用で中区丸の内の官庁街に足を運んだ。滅多にないことである、と書こうと思ったら 2月23日付拙記事 に書いた愛知芸術文化センター愛知県図書館も丸の内にあるのだった。

普通こういう時は公共交通機関を使う。だがこの日は別の行き先があって、その道すがらに用を済まそうと思ったので、車を使うしかなかった。別の行き先というのは、書いちゃうと実家である。現在、諸事情あって実家との間を頻繁に往復している。名古屋市営地下鉄が実家のそばまで延伸するのを待っているのだが、いつまで経っても開通しない(あたりまえだ

有料駐車場を検索すると、石垣と空堀の外の地域にはいっぱいヒットした。地下鉄の駅より近いのだから、ちょっとくらい歩くことに決めた。

窓口での担当官との面談は、ものの30分ほどで済んだ。

だが有料駐車場の精算機で精算すると、800円と表示された! 高くね?

「合同庁舎」としか聞いてなかったが、合同庁舎なるものは「第2号館」とか「第3号館」とかいくつもあったから、目的地を探すのに少々うろうろしたのもいけなかったかも知れない。

場所が場所だから、割高なのは仕方あるまい。

しかし合同庁舎なるものの案内板を見ていると、「来客用駐車場」という文字がないでもなかったぞ。ああいうのって、使えないものか? まあああいうものは、あらかじめ詳しい人にでも聞いておかない限り、うまく使えるものではあるまい。

割高と言えば、名古屋高速道路は出口の関係で都心環状線を使うしかなかった。名古屋になじみのない人は「都心」という名称に違和感を覚えることであろうが、そういう名前なのだから仕方がない。

都心環状に乗ると有無を言わせず770円ふんだくられる(ETC使用)。名古屋市を通り抜けたいときには、時間があるときにはもちろん下道を使うが、高速を使うにせよ名二環(名古屋第二環状道路)を使うと割安である。都心に用のない車を都心に侵入させないための路線なのだから、当然と言ってしまえばそれまでだが。

スポンサーリンク

 

駐車場への戻りぎわ、官庁街に咲いていた梅を撮ってみた。

f:id:watto:20190228210031j:plain

 

この梅の咲いていた区画の、道路を挟んだ向かい側に、愛知縣護國神社というところの鳥居が見えた。

f:id:watto:20190228210026j:plain

愛知縣護國神社は多分まだお参りしたことがなかったので、ご挨拶ということで参拝しようと思った。

考えあって、時間に余裕があるときには、有名社寺に限らず通りすがりの小さな祠や石仏にも手を合わせることにしている。若い頃はこれまた考えあって、神社仏閣には絶対に手を合わせなかった時期がある。それぞれ理由は長くなるが説明して説明できないことはないけれど、今はやめておく。我ながら矛盾した存在だと思う。

 

上の写真の鳥居左手にあった案内板。

f:id:watto:20190228210021j:plain

勝手に恒例の文字起こし。

愛知縣護國神社
一、御祭神 幕末以来の戦歿英霊
一、御鎮座 明治二年五月二日
一、由緒
尾張藩主徳川慶勝侯が戊辰の役に戦死した藩士たちの靈を現在の昭和區川名山町に祀り旌忠社と號く
明治八年國家の齋祀となり招魂社更に同三十四年官祭招魂社と改稱す
大正七年城北練兵場(現在の名城公園)に移り、更に昭和十年當地に遷座、同十四年勅令に依り現在の社名に改稱す
昭和二十年三月十九日御社殿戦災により炎上せるも縣民の浄財を結集して復興 同三十三年十一月六日遷座祭を齋行、同三十七年十月二十六日
天皇皇后両陛下の御親拝を忝うす
平成十年三月御社殿増築竣工により戦災復興完了とす

正字のいくつかは全く同じものが出せなかったので、似た字で代替しているものがあります。「號く」は「なづく」、「忝うす」は「かたじけのうす」かな?

 

鳥居右手の境内案内。二分割で左側。

f:id:watto:20190228210017j:plain

 

右側。

f:id:watto:20190228210011j:plain

 

「神門」正面。

f:id:watto:20190228210112j:plain

 

柱のようなものの案内板。

f:id:watto:20190228210107j:plain

ふとたまばしら
 太 玉 柱
 終戦五十周年を機に、祖国・同朋・家族を護るため、身命を捧げられた愛知縣護國神社の御祭神九万参千余柱の神霊に感謝の誠を杉の真柱(地上九・三メートル)に託し、これを太玉串として捧げ、御英霊の遺訓を体し、今日まで祖国日本繁栄のため、盡瘁された先人をも顕彰し恒久の和平と安泰を祈念して建立。
  愛知縣護國神社

「盡瘁」〔じんすい〕というのは検索すると「自分の労苦を顧みることなく、全力を尽くすこと」という意味だそうだ。

コメントは差し控え、普通に参拝したことだけ書いておく。

スポンサーリンク