💙💛しいたげられたしいたけ

нет войне! NO WAR! 戦争反対!

大河ドラマ「どうする家康」展@名古屋城金シャチ横丁を日東電工訴訟の傍聴帰りに見に行った

裁判の傍聴は、だいたい短時間で終わる。鈴鹿大学裁判の傍聴記事は、実質いつも津地裁周辺の散策記事にしていた。今回もそうしてしまう。

 

名古屋高裁から指呼の間にある名古屋城址の、「金シャチ横丁」というエリアで大河ドラマ「どうする家康」展というのをやっていると、どこかで聞きかじったので行ってみようと思っていた。入場無料との由。たしかNHKラジオ第一だったかな? 違っているかも知れない。

 

正直なところ、むしろ展示会より金シャチ横丁が今どうなっているのかに興味があった。

金シャチ横丁は4年ほど前の春に、一度見に行ったことがあった。いわゆる「名古屋メシ」の名店の支店を並べたところで、各種メディアを使って鳴り物入りでPRしていた。

www.watto.nagoya

 

同じ年の秋に、大阪城址を見に行く機会があった。その時なんとなく「ははぁ」と腑に落ちるところがあった。すなわち「名古屋城は大阪城になりたいのだな」と思った。あくまで個人の想像です。

www.watto.nagoya

だが大阪城と名古屋城では、立地的に勝負にならない。

大阪城は大阪市街のど真ん中にある。いっぽう名古屋城は、複数ブロックにわたる無機質的な官庁街で繁華街と隔てられている。

最寄駅を見ても、JR大阪城公園駅は名前の通り改札を出るとすぐ大阪城公園だ。いくつかの地下鉄駅も至近のはず。いっぽう「市役所」を「名古屋城」に改称した市営地下鉄最寄駅は、名前に反して正門まで歩くと20分近くかかる。

名古屋の官庁街は旧尾張藩の武家屋敷で、江戸期を通じて幕府直轄であり城代こそ置かれたが家臣団というものの存在しようがなかった大阪城と、史料を集めて比較すると面白い考察ができそうではある。

そんなで名古屋城に観光客の姿がなかったとは言わないが、まるでアミューズメントパークのような大阪城と、賑わいは雲泥の差だった。

 

仕掛け人が誰だかたやすく想像がつく。弊ブログではさんざん悪口を言っている相手なので繰り返さない。

ただし、さびれていたら「ざまぁ」と思うくらいの人の悪さは持ち合わせている。

 

いや、他県で給食業者が経営破綻して高校の寮の食事が滞っているという最新ニュースがあるから、一言くらい書いてしまおう。名古屋市の学校給食は貧弱なことで悪名高い。給食が一日で唯一まともな食事だという家庭は少なくないと言われる。自治体の仕事はカネにならない文教福祉にこそ力を投入するべきで、観光振興はそれこそ真っ先に民間に任せるべき分野ではないだろうか? 地元びいきを差し引いてカネにシビアな民間事業者の目から見たら、名古屋城の観光資源としての実力は違ったものに見えると思うぞ。

 

前置きばかりが長くなった。その金シャチ横丁。正門の右方向にある。前述の通り、地下鉄駅から歩いたら遠いが裁判所からなら徒歩数分である。たしか7~8分くらいだったと思う。

 

「義直ゾーン」と「宗春ゾーン」の2つに分かれており、今回は「義直ゾーン」にしか立ち入らなかった。ちなみに「宗春ゾーン」はドルフィンズアリーナ(県体育館)を隔てた遥か遠方にある。

 

店舗一覧。おや、一軒も欠けてない? ひょっとして補助金でも出して縛りをかけているとかじゃないだろうな?(だから妄想と戦うなって

 

「どうする家康」展は、左列(北側)とっつきの土産物店の中でやっていた。

 

上の写真の奥に見えるデカい金シャチの口元に

触るの×

撮影〇

と書いてあった。

 

土産物店内部。売り場とパーティションで隔てられた右側のスペースで、展示をやっていた。


パネル展示がメインだった。パーティションの手前に、登場人物の等身大パネルがずらりと並び…

 

奥のテレビモニターで、徳川家康 役の 松本潤 氏が喋っていた。

左側は 織田信長 役の 岡田准一 氏が、撮影で実際に身につけた衣裳だそうだ。

ナナちゃん人形ではない(いらんことを言わなくてよろしい

 

展示スペース右側、等身大パネルの反対側には、番宣ポスターのようなものが何枚か並んでいた。

弊ブログ勝手に恒例OCRによる文字起こし。改行位置、変更しています。ルビ省略しています。以下同じ。

貧しき小国・三河の岡崎城主・松平広忠の子として生まれた松平元康簾(のちの家康簾)は戦乱で父を失い、母とも離れ、駿河の大国・今川家のもとで人質として暮らしていた。今川義元に見込まれた元康は不自由ない生活を保障され、十分な教育も受け、やがて今川家重臣・関口氏純の娘・瀬名と恋に落ちる。今川家に染まっていく元康の姿を、付き添っていた石川数正、鳥居元忠ら三河の者たちは苦々しく思っていた。
 ある日、父の墓参りのため三河・岡崎を訪れた元康は、そこで父に仕えていた酒井忠次など旧臣たちと再会、彼らが今川家に不満を抱き、松平家再興の思いがくすぶっていることを知る、しかし、義元を慕う元康にとって、彼らの思いは重荷でしかなかった。
 1560年(永禄3年)、今川義元は、織田領である尾張へ進撃する。元康は妻子たちに別れを告げ、織田軍の攻撃を受ける大高城に、兵糧を送り込む任務に就いた。敵方の猛攻をくぐり抜け、大高城にようやくたどりつき、喜んだのもつかの間、桶狭間から衝撃の知らせが届けられる! しかも、大高城に押し寄せるのは、あの織田信長! 幼いころ、信長と一緒に過ごした時の忌まわしい記憶が、元康の脳裹によみがえる。織田軍に包囲される中、家族が待つ駿河に戻るか、故郷の三河へ進むか、それとも籠城か――。

 

「徳川家康/松本潤」

今川家に仕える。後に岡崎城城主として独立。三河統一を果たす。関ケ原、江戸幕府なんてかなり先の話。ナイーブで頼りないプリンス。臆病でまだまだ優柔不断なところあり。相手の気持ちを思いやり、意見をよく聞くが、時に頑固。オタク気質なところあり。理想と現実の間でいつも悩み、背負いたくない重荷を背負い、歩みたくない道を歩んでいく。天才や猛将たちに食らいつく中、しだいに才能を覚醒させていく。

 

「チーム家康」個々のキャラクターについて説明があったが、文字起こしは見送った。


「家康を悩ませる人たち」同上。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/w/watto/20230906/20230906111022.jpg

 

実際の撮影に使われたという小道具と、番組台本。

スポンサーリンク

 

 

無料の展示会だから、こんなものかと思いつつ、土産物店&展示会場の横丁側の出入り口から出たところ。

 

ウィークデーとはいえ昼食時近かったのに、この閑散とした飲食店街。

写り込む客が少ないタイミングを見計らって撮ったことには間違いないが、撮れてしまうことが問題だ。大阪城公園駅前の飲食店街JO-TERRACE OSAKA(ジョーテラス大阪)では、ぜってーこんな写真は撮れまい。

 

一軒だけ店先の写真を。「矢場とん」。

ちょうど出ていく一組の客とすれ違った。少し早いとはいえ矢場とんで並ばずに食べられるというのは、ある意味すごいことではあった。だから心が動いたが、腹時計と相談したら「少し早い」と言われたので入らなかった。

「お品書きの値段と相談したんだろう」って? ほっとけや。

 

横丁の出口にあった「日本一安心安全でおいしい名古屋の水道水」。帰りがけに気づいた。

4年前に来たときには気づかなかった。あったっけ? 多分なかったんじゃないかな?

 

説明書きを接写。

四か国語で書かれていたが、日本語だけ文字起こしする。

名城金鯱水
 おいしい水道水のご利用方法
壱
マイボトルなどで水を汲んで下さい。
弐
金鯱の口の中にあるレバーをマイボトルで押すと、冷えた水道水がでます。
参
安全でおいしい、なごやの水道水を実感してください。
名古屋市上下水道局

うーん、これもどこかズレているような気が…

確かにマイボトルに水を汲む人は多いけど、水道水でしょコレ?

誰にPRしようっていうの? 名古屋市の住人は否が応でも名古屋市の水道水を飲まざるを得ないし、市外から来た人は仮に「いいね?」と思っても名古屋市から水道を引くわけにいくまい。

 

帰途は地下鉄駅まで歩こうかとも思ったが、少し疲れたので路線バスに乗れないかとバス停で待ってみた。

そうしたら、見慣れないデザインのバスが来た。

これは降車時に名古屋駅のバスターミナルで撮ったものだが。

「なごや観光ルートバス メーグル」と言うらしい。

 

勝手に恒例、乗らなきゃ撮れない車内の写真。

行き先に「名古屋駅」と明記されているにもかかわらず、名古屋城―徳川園―中電ミライタワー(名古屋テレビ塔)―名古屋城(!)―ノリタケの森―トヨタ産業技術記念館―名古屋駅と、市内の観光名所(?)をぐるりと大回りする路線に乗ってしまったのだった!

なんたる初見殺し! ふつう名古屋城から名古屋駅と行き先表示されたバスに乗って、名古屋城に戻ってくるか?

 

幸い時間に追われていたわけではなかった。また料金も210円と路線バスと同じで、しかも交通系カードが使えた。いやだから乗っちゃったのか。

だがこれまで書いてきたように内心市長の悪口ばかり考えていたから、どうせこれも市長の発案だろうと思ったら余計に気分が悪くなった。観光ルートと称する車窓の風景を楽しむどころじゃなかった。そもそも名古屋市は、産業都市ではあっても観光都市ではないような。そりゃ観光はどこでもできるけど、人に得手不得手があるように街にも得手不得手がありはすまいか? あるいはこれは、市長からのしっぺ返しか何かだったのかも。

市長って言っちゃったよ。

スポンサーリンク