しいたげられたしいたけ

空気を読まない 他人に空気を読むことを要求しない

雇い止め の検索結果:

先月作った「高プロやめろ!」自作プラカを持って今月も「戦争はイヤだ!」集会に出てきた

…用のがれを目的とした雇い止めの横行だ。 news.yahoo.co.jp president.jp いずれも大量の雇い止めが発生する可能性については、早くから指摘されていたにもかかわらず、目につくのは政府の無策だけだ。 無策ではなく、故意にやっているのではないかと疑いたくなるフシもある。前述の通り、国民を、階層により、あるいは所得により、輪切りにして、それぞれ別々に締め付けを強めることによって、不満が発生してもそれを特定の層に押し込めようとしているのではないか、ということであ…

「高プロやめろ!」の自作プラカードを持って最寄り駅前の「戦争はイヤだ!」集会に出てきた

…派遣労働者は3年で「雇い止め」という現実に直面せざるを得なくなったのだ。 しかし「高プロ」や「裁量労働制」が問題になりそうな雇用形態で働いている人は、改正労働契約法や改正労働者派遣法への関心は薄いだろう。誰しも自分が働いている以外の労働形態には疎いものだろうし、制度が細分化、複雑化して専門家でもなければ全体の把握は困難になっている。 かくして、世間が騒がないので気づかないうちに、自分の労働形態に関する法律が、労働者側にとって、とんでもなく不利な形に改訂(改悪)されているという…

改正労働契約法に基づく「無期労働契約転換申込書」というのを提出した

…えって5年未満による雇い止めが頻発していることは、過去にブログに書いたことがある。 watto.hatenablog.com それで私自身はというと、次年度の契約通知がなかなか来なくて少なからず焦ったが、無事、この4月からも継続して仕事を貰えることになった。 ということは、無期契約への転換を申し入れる権利を獲得したということでもある。 私自身は、もし無期転換の権利を得られたら、即座にそれを行使するつもりでいた。ところが周りの同業者何人かにどうするか尋ねてみたところ、諸事情から…

裁量労働制(別名 “働かせ放題法案” )反対の意思表示のためスタンディングをハシゴしてきた

…労働契約法に起因する雇い止めを撤回できた人数は10人以下である一方、名古屋市内のある大規模な事業所ではおそらく100人以上がこの4月で雇い止めされるのではないかと書いた。事業所の名前を書くわけにはいかず、100人以上というのも私の推測にすぎない。データとしては使い物にならないよなと思っていたら、理化学研究所では365人が雇い止めとなるという記事が出た。一箇所でこの数字である。 headlines.yahoo.co.jp 雇い止めの抑制が条文(19条)に明記されているにも関わら…

改正労働契約法に起因する「5年雇い止め」撤回に関して意外にも(?)地域労組が健闘しているらしい

…の契約更新を目前に、雇い止めの憂き目を見るというケースが頻発しているのである。 はっきりと書いておきます。私は自身が非正規の被雇用者です。自称中立とか「どっちもどっち」とかの立場で記事を書いていません。明確に被雇用者側の立場です。その点をご承知おき下さい。 私は非正規雇用者向け地域労働組合に加入している。そこに、5年雇い止めに関する労働相談が頻発しているのだ。 地域労組に関しては、以前に何度か記事にしたことがある。これとか。 watto.hatenablog.com こういう…

(小ネタ)CANON プリンタ複合機 PIXUS MG3630 の使い方に関する tip

…向け地域労組 に5年雇い止めの相談が相次いでいるとか、しばらく動いていなかった 個人特許 がようやく進展を始めたとか、いろいろネタ予備軍はあるが、まだ記事にできるほどにはまとまっていない。 いずれの案件関連でもプリンタをよく使用する。今どきこんなことがあったという自分用備忘メモにするため、エントリーに仕立てる。 去年、こんな複合機を買った。家電量販店店頭のローエンドを購入したのだ。 watto.hatenablog.com 給紙トレイを開けたところの写真。いつものフォーカスの…

地域労組の団体交渉に参加したら初動を誤らなかった相手は手強かった

…かには、ごくたまに 雇い止め撤回裁判の傍聴 に行ったくらいだが。あと団交には過去に一度だけ参加したことがあった。交渉事は数が勝負のようなところもある。都合がついたので参加したのだった。 watto.hatenablog.com 先月、非組合員の方から労働相談があった。相談者は定年が近い非正規労働者で、勤務先の就労規則には「雇用契約は1年ごとだが、原則60歳を超えて更新されない。ただし事情があれば最大5年までの定年延長を認める」という概要の規定があるとのことだった。 それが、相…

地域労組から要請があって団体交渉に出席した

個人情報を非公開にしているのと(一部漏れ漏れだけど)、関係者のプライバシー保護の立場から、あんまり詳しいことが書けないです。また今回は元気が出なくて、暗いエントリーになってしまいました。 非正規労働者向けの地域ユニオンに入っている。加入の経緯はこちらに書いた。 watto.hatenablog.com ただし今年の上半期は、ほとんど活動に参加できなかった。組合の側でも活動が低調だったように思う。定例会の通知もあんまり来なかったし。 スポンサーリンク // ちょうど少し体が動か…

アルバイト、パートと業務委託契約を結び個人事業主として扱うというグレーな雇用形態は思ったより広がっているのではないかという危惧

…グに「非正規労働者の雇い止め裁判の、傍聴という名の支援に行く」という同一タイトルで何度かエントリーを公開した。労働者側に不利な契約書に判を押してしまっていたため、敗訴だった。 アルバイトやパートを始めるときには、契約書を確認して、業務委託契約ではなく雇用契約になっていることを確認してから判を押すことが、労働者側が自分で自分を守る第一歩ではないかと考えるので、微力ながら注意喚起のつもりで再びエントリーを上げます。雇用契約と業務委託契約の線引きについては、勉強してまとまったらまた…

らくからちゃ(id:lacucaracha)さん「もう『非正規雇用』って言うのやめにしない?」記事への反論あるいは法律用語としては「非正規」ではなく「有期労働契約」だけどそう言い換えて何が解決するのか?

…は、5年未満による「雇い止め」の横行です。これに関しては、しばしばエントリーにしています。労働者の保護を目的とした法律の制定が、かえって非正規労働者の身分を余計に不安定にしてしまっているのです。 watto.hatenablog.com 上掲引用部のII項目とIII項目に関しても、字面だけ読むと結構なことのように見えるかもしれませんが、現実に行われていることは、雇用契約書への「○年を超えて雇用を継続しない」という条項の挿入なのです。 そのような一方的な契約書は無効なんじゃない…

弊4月4日のエントリー に関連して、現役研究者である漣 (id:aurora3373)さんがさらに詳しいエントリーをアップされました

…ばれる非正規職に5年雇い止めを前提とした任期制が拡大することによる悪影響について書かれていた。ご興味をお持ちになった人は、ぜひご一読ください。以下の私の駄文より、はるかに読む価値があると思います。 駄文であることを自覚しながら、少し思い出語りを。 私は工学部出身だが、「テクニシャン」に該当するのは何と呼ばれていただろうかと思い返してみると、辛うじて「技官」と呼ばれる職が思い当たった 私がいたのは古いだけが取り柄みたいなところで、今はどうなっているか知らないが、当時は「講座制」…

ホッテントリ「日本の大学の研究競争力はなぜ弱くなったのか?」の理由の一つとして大学非常勤講師の採用に当たって「5年雇い止め」が雇用契約書に明記されるようになったという説

…るのは、5年以前での雇い止めなんです。 大学の非常勤講師もまた有期契約労働者です。人づてに聞いた話なのでソースを明示することはできませんが、平成25年以前から有期契約を繰り返している講師は仕方がないとして、それ以降に雇用される講師に対しては「5年で雇い止め」を雇用契約書に明記している大学が激増しているとのことです。 ただしネットで検索をかけたのですが、明確なソースは探すことができませんでした。辛うじて「首都圏大学非常勤講師組合」のトップにリンクがある “『控室』第87号 PD…

非正規労働者の雇い止め裁判の、傍聴という名の支援に行く

2週間ほど前の話になってしまった。今更だけどエントリーにします。ただし、あんまり内容ないです。 https://watto.hatenablog.com/entry/20141107/p1 の控訴審判決が出るというので、傍聴に行った。裁判は平日に行われるから、傍聴に行きたくてもなかなか行けない。控訴審は、初めての傍聴が判決日だった。 あんまり書くことがないから、名古屋高裁地裁合同庁舎の写真くらい貼ろう。 判決。「原告の請求を棄却する。訴訟費用は原告の負担とする。」簡単なもんだ…

非正規労働者の雇い止め裁判の、傍聴という名の支援に行く

…そうだ。非正規雇用の雇い止めは何件も裁判になっているが、特にこの一〜二年は片っ端から労働者側の敗訴なのだそうだ。 裁判所は「労働者性の認定」ということはやってくれるそうだ。「労働者性」というのは大ざっぱにいえば、商品を買うとか業者に業務を委託するとかとは違って、労働者を雇用することは労働者の生活に対する責任が伴うので「気に入らないから買うのをやめた」「なんとなくよそで買う」というのは通用しない、ということらしい。 しかし、雇用者側が「内部で雇用のルールを定めていて、それに則っ…

非正規労働者の雇い止め裁判の、傍聴という名の支援に行く

…労働契約法による5年雇い止め問題に対して、何らかの手を打っておくことはできないか、少なくとも情報を仕入れることはできないかということだった。 スポンサーリンク // ご存知の方も多いと思いますが、一応雑な説明をしておきます。2013年より施行された改正労働契約法には、「有期労働契約が通算で5年を越えた場合、労働者から申し出により無期雇用に転換できる」というルールが加わったのです。ところがこれが逆効果になって、有期雇用への転換を嫌がる雇用主により、5年未満で雇い止めになるケース…

裁判を傍聴する

…して、非正規雇用者の雇い止め訴訟支援というのがあったので、裁判の傍聴に行ってきた。例によってプライバシー自衛のため詳細は書かない。 裁判というのは当事者にとって心理的な負担がとてつもなく大きいものだそうで(そりゃそうだろう)、傍聴席に「味方」がいてくれるというだけでも、ずいぶん違うらしい。また傍聴には、予約も要らないし、いつ入退室してもいいそうだから、傍聴する側としてはこんなラクなことはない。 スポンサーリンク // 今回傍聴したのは、「本審」って言うんだっけ、そういうものじ…